2006年02月25日

第十話 曇りガラスの向こう

 閉ざされたガラス窓、華やかな街の光。向かいの家では今日もパーティ、馬車が何度も止まっては見知らぬ乗客を降ろす。二階のテラスでは、着飾った人たちが優雅な会話に興じている。
 見上げた空は、灰色に染まっていて。
 ふと視線を戻すと、窓ガラスに映る自分の姿。
 髪に乗せられた白いキャップ、白いエプロン。
 それに、ちょっと疲れた顔。



 ジーナは窓ガラスの中の自分へ、笑いかけた。
 声をあげて笑ったのは、いったいいつの事だろう? 
 笑い声さえ、忘れてしまった。
 深いため息が、あっという間にガラスの表面に広がる。エプロンで慌てて、窓をこする。
 向かいの屋敷、窓の向こうにいた上品そうな少年は、そんな彼女の一連の動作を、不思議そうに眺めていた。
posted by kuga at 23:08 | TrackBack(0) | 短編集
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/397284
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック