2006年02月21日

第九話 白いエプロンと

 霧がうっすらと広がる舗道、ずっと遠くは見えない。霧に混ざるような真っ白い蒸気が、舗道の脇、使用人たちが働く『階段の下』から吐き出されてくる。

 馬車を降りた私は、足を止める。立派な玄関に気おされ、ためらいを覚えていた。私がこの家を訪問するのは迷惑ではないのか、場違いではないのか。あの方から迷惑に、思われるのではないか。
 少し迷って、私は家の周りを、歩き始める。



 地下へ通じる階段のひとつに、私がふと目をやると、地下のドアを開けて、ひとりの若いメイドが姿を見せた。彼女はドアを閉めるとすぐに、エプロンで顔を覆って、泣き始めた。
 その声は車道を通り過ぎる馬車の音にかき消されて。
 すぐに彼女は気持ちを落ち着け、屋敷の中へ戻っていった。
 それはほんの短い、出来事。
 玄関のベルを鳴らすと、さっきの彼女が姿を見せる。
 少し赤い瞳で、彼女は完璧な礼儀を保ち、まるで別の生き物であるかのように、私にとっての門番としての役割を果たした。
posted by kuga at 21:43 | TrackBack(0) | 短編集
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/367650
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック