2006年02月06日

第五話 消えていった未来

「ねぇ、きれいな雪だよ。アリサ。見てごらん」
 少年は微笑み、同い年の少女に、手のひらを差し出す。
 雪は融けて、ただの水になっていた。
「すぐに消えてしまうのですね」
「もっと、きれいな雪を見せてあげるよ」
「危ないです、伯爵様」
「大丈夫だって」
 テラスに腰掛けて、身を乗り出す少年は、空から舞い降りるひときわ大きな雪の塊を見つけると、待ちかねるようにじっと見つめ、それから一気に、手を伸ばした。
 その刹那に。
 平衡を欠いた少年は、落ちていった。
 三階、二階、一階の窓の外を緩やかに、大地へと。
 声にならぬ叫びをあげ、テラスに駆け寄った少女が見たのは、薄く積もり始めた雪に彩られた地上に落ちた、幼い主人の無残な姿だった。
 上に差し出したままの手のひら、強く降り始めた雪が、重なっては消えていた……
posted by kuga at 22:06 | TrackBack(0) | 短編集
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/321987
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック